ライブチャットの王様

パン床の材料

[パン床 材料] ・パン…1斤ほど(容器により加減、ライ麦胚芽系なども風味よし) ・水…1カップ程(ぬるま湯ベスト) ・ビール…1/2本(250ml)ほど(飲み残しでいい) ・塩…大さじ3杯ほど ※風味付けにからしや唐辛子などを入れてもよい [パン床 作り方] ・食パンを細かくちぎって、大きめのボール(熱湯消毒処理しておく)に入れ、水(ぬるま湯)、ビールを加えて、揉むようによく混ぜ合わす。 ・塩を加えて全体にしっとりするまで練り混ぜる。 ・容器(タッパや保存袋など)に入れ表面を平らにする。 ・少し寝かせ、捨て漬けに余り野菜や切れ端などを漬け1日寝かす。 (捨て漬けはしてもしなくてもいいみたいですね) ・あとは糠床の要領で野菜を埋め込むだけ。 ・パン床の保存方法ですが、室温が高い場合などは冷蔵庫で保存するなど、温度管理に気をつければ長く持ちます。 パン床が柔らかくなって来たら、パンをちぎり足したり塩やビールを足し混ぜ合わせます。 ※毎日混ぜる必要はありません。

パン床のレシピ

キュウリやセロリ、カブなどは半日〜1日と短時間で漬けあがります。 ナスは太いのでたて半分に切って2〜4日漬ける 大根は皮をむき輪切にして1〜2日漬ける 他、余り野菜などなんでも漬けられます。

パン床 販売店

パン床の販売店ですが、パン床自体の完成品を販売してるのでなく パン床粉などを通販で購入し使用します。 「食彩旬菜」「漬物生活」「シェフのパン床名人」など。 楽天市場などのショップでも購入できます。

ズームインのパン床

ズームインのパン床では「シェフのパン床名人」というのパン床粉が使われてたみたいです。 パン床は匂い(臭い)もましだし、まぜる手も臭くならないし、 すぐに漬けられるし、毎日混ぜなくてもいいし、作り方も簡単とかなりいいこと尽くめです。 通常のパン床の作り方は、パンを細かくちぎり、 水とビールと塩とで練り混ぜないといけないですが、 パン床粉だとあらかじめ塩とビール酵母が含まれて、味付けもされてるので、 パン床粉と水を混ぜ合わせるだけでパン床が完成します。 値段も安いし、これなら自分で手間暇かけるよりパン床粉を使ったほうがいいかもね。