ライブチャットの王様

モンスターペアレンツの米倉涼子

米倉涼子がモンスターペアレンツの役をするのでありません。
ドラマでは弁護士の高村樹季役(33)をします。

米倉涼子の役の弁護士はM&Aなどの企業法務を専門とする女性弁護士ですが、上司の交友の関係で市の教育委員会からモンスターペアレント対策を依頼される。
お金好きで気性が荒く、子どもに興味なしで家事もできないクールビューティー役ですが、ドラマを通じて人間味人情味ある部分が描かれるようです。

モンスターペアレント 主題歌は、徳永英明のNEWシングル「愛が哀しいから」
CD購入しようっと♪

モンスターペアレント キャスト

フジのモンスターペアレンツのドラマの他のキャスト

平岡祐太の役は望月道夫(25):
市教育委員会職員で樹季を頼りにする。
純粋、まじめ、弁護士志望、樹季に魅かれていく。

佐々木蔵之介の役は三浦圭吾(35):
市教育委員会の指導主事、樹季とは、教育理念が合わず対立する存在。

草刈正雄の役は城山幸太郎(57):
樹季(米倉)の上司、法律事務所の創立者で優秀な経営者。

角野卓造の役は田川龍之介(57)
市教育委員会の教育長、城山と学生時代同級生。根っからの教育者。

温水洋一の役は小山和明(43)
市教育委員会係長、窓際族。

風見しんごの役は時任昭雄(45)
教育委員会いきつけのバーのマスター。

眞島秀和の役は加藤和臣(35)
城山法律事務のパートナー、樹季のライバル、樹季に想いをよせる。

掘まゆみの役は園部愛理(26)
樹季のアシスタントの弁護士。

大友みなみの役は相原エリサ(24)
市教育委員会の事務員、樹季が嫌い。

他に毎回ゲストが登場予定、

第一話のゲストは木村佳乃
第二話のゲストは南野陽子

モンスターペアレンツ 事例(実例)

学校のモンスターペアレンツでよく聞く事例で、
休んだ分の給食費返還要求や住民税払っているので給食費払わないとか、
頼んでないので払わない、他に払ってない人がいるので払わない、などの給食費に関する自己中な考えがあります。

他に、毎晩、担任の自宅に電話をかけ、様子を聞いたり、クレームをつけたりする、
学校行事の劇などで全員主役を演じさせる、けんかした相手の子を転校させるよう要求、学校で汚れたものの洗濯の要求など、さまざまな事例実例があるようです。

また、学校だけでなくモンスターペアレンツは会社でも存在するとか!?

モンスターペアレンツの意味

モンスターペアレンツとは、学校へ自己中心的で理不尽な要求やクレームを繰り返し、学校運営に支障をきたすような保護者を意味する和製英語。
(常識の範囲を逸脱しない要求を行う保護者は含まれない)
モンスターペアレントという言葉自体もニュアンスが悪く問題になっている。

モンスターペアレンツの原因としては、校内暴力時代を経験し、もともと教師への敬意がないまま親となることや、労せず教師となった時代の教師をバカにしているなどのも要因の一つかと考えられている。
とりあえず言ったもん勝ちがまかり通る風潮が強い時代背景などもある。

モンスターペアレントが一人でも出ると、対応に膨大な時間をとられるので、学校の崩壊をも招きかねないとも。

モンスターペアレンツ 対策 対処法

モンスターペアレンツに対応するために文部科学省がモンスターペアレント対策施策案を実施していくようです。どんな問題でもマニュアル通りにはいかないでしょうが、クレームの奥の本当の要求を察知できるかどうかが解決の鍵となるでしょう。
モンスターペアレント対応専門のチームも設置される時代になるでしょう。
アメリカのように訴訟国ではないですが、教職員で訴訟費用保険に入る人も増えているようです。

モンスターペアレンツのドラマをテレビ(tv)で見たり、本を読んだりして、対策を予習、学習しないといけませんね。

モンスターペアレンツ ドラマ