ライブチャットの王様

ソフトバンクの携帯 アイフォンの値段

若い人たちを中心にアップル社のiphon3Gという携帯端末の発売日が7月11日に決まり話題ですが、
アイホンの値段はいくらぐらいになるのかが注目されてました。

決定したアイホンの価格はいくら?かというと、
8ギガで23040円、16ギガで34560円という格安になっております。
(2・3・4・・と3・4・5・6・・と語呂が覚えやすい価格ですね)

以前は携帯電話は1円とか10円時代もありましたが、
法改正で4、5万〜10万などが普通になりました。

ソフトバンクモバイルのiフォンはなぜこんなに安いのかと言うと、
現金一括で買うと安く買えて、分割で購入すると高くなるのが通常一般的な構造ですが、
ソフトバンクの場合は、分割で2年間使用する契約をすれば、46,080円の特別割引が受けられるということで安くなっております。その差額を販売会社が販売補助金ということで負担して、新規や継続のお客さんを増やそうという考えなのですね。

もちろん2年間使う契約なので途中で解約したり他社に移れば、追加金や違約金が発生する仕組みです。
一括で買う場合はアイフォンの価格は8ギガで69120円、16ギガで80640円になります。

softbank アイフォンの料金プラン

アイフォンの料金プラン、月々の基本料金はいくら?かというと、
例えば月額980円のホワイトプランというのがあります。
それにプラスしてインターネット利用料が月額315円、データ通信定額プランが5985円、
これに端末の購入代金の分割価格など含めて、
およそ月額8000円台からだと利用できる見積もりです。

アイフォンにはipodの機能が搭載されてるので、通常のプランで携帯で音楽や動画をダウンロードすれば、データ量に比例してかなりの額になるかと思いますが、そう考えると定額はかなり安くつくと思います。

この料金設定に他社も戦々恐々じゃないでしょうか。データ通信価格を引き下げようかという動きも出てくるでしょう。

iphone3Gの機能や性能 ワンセグは?

iphonが注目を集めるのはアイホンはipodの機能を導入した革新的な携帯電話というのがあります。

アイフォンの機能は3G対応でマップと内蔵GPS、メール、Webブラウザ、検索機能が1台のモバイルに収められ、マルチタッチインターフェイスを誇るiPhone 3Gには、携帯電話の常識を一新する魅力と機能がいっぱいです。

(3Gとは3rd.Generation=第3世代という意味の携帯で、3G携帯とは、世界標準のIMT-2000という規格に準拠した携帯電話システムを指します。それに対しアナログ方式の携帯電話を第1世代、次のデジタル方式の携帯電話を第2世代と呼びます)

アイホンの争奪戦を制したソフトバンクはアップルの独占的な契約によりiPhonにソフトバンクのロゴを入れれないようだし、端末詳細も自社HPでできないし、通信料金のマージンもとられるとの話です。

iPhone3Gはマルチタッチキーボードなので指先をつまんだり、タップしたりと簡単な操作で電話や画面をめくれたりします。
iPhone3Gはワンセグはありません。また着うたやお財布ケータイなどの機能もありません。
しかしiPhoneなら、無線LANを気にせずに携帯電話サービスエリア内でどこでも、Safariが使え、快適にWebが楽しめます。
GPS搭載、PCメールも快適に使えます。

この性能でアイフォンの価格は私的にはかなりお買い得かと思います。

アイフォン 価格